本日は福岡地区の型枠1級施工技能士本番に向けて実技講習の講師をして来ました。

トピックス & スタッフブログ

本日は福岡地区の型枠1級施工技能士本番に向けて実技講習の講師をして来ました。

1月24日25日に福岡地区型枠1級施工技能士実技試験があります

本試験に向けて本日12日は合同の練習日で沢山の受講者が練習に来ていました

この日田浦は受講者の講師として参加しました

毎年この時期は本試験検査官としてに参加はしますが講習参加は初めてで凄く楽しみです。

 

先ずは参加者全員で作業台と使用する材料を配って行きます

 

準備が整い定刻前となり先生から実技の注意事項などの説明を行います

皆さん真剣に聞いてます

因みに本年は伊佐からは5人受講しています

 

実技講習スタートとなり原寸図の作成から入ります

この製図が作成できないと実技の制作は作れないです(理論上は)

初めて書く人はチンプンカンプンでしょう(笑)

 

製図が終わった人からベニヤ・桟木の原寸切断の印付けに入ります

試験本番の持ち時間は5時間です5時間以内に作成しないと減点もしくは失格となります

  

おそらく殆どの受講者はこの日初めてカンナを掛けると思います

まったく様になってないです(笑)

伊佐からは5人受講しました 上の写真は伊佐の職人です

この日参加した田浦含めた先生達はポイントポイントでアドバイスを入れながらグルグル会場を歩き回ります

 

時間も終盤になると少しづづ形が出来てきました 

でも5時間は長いようで短い

 

時間も公式の5時間を超えて5時間30分で出来かけた人も全くの人も中断して

また参加者全員で解体して掃除に入ります

心配しなくても実技本番まで日にちあるからしっかり自主練する様に

そう言う田浦も20数年前初めて実技練習した時は5時間まるまる掛かりました(笑)